金銅菩薩立像 鍍金仏
三国時代(百済)6世紀中葉



整理番号:KS291104

三国時代の百済初期の仏教彫刻ではもっとも精巧に作られた金銅仏であると考えられる。細密に造形されたこともさることながらアマルガム法で鍍金も表だけでなく裏面にもシッカリ施されており過去にこのような作例は見たことがない。当時の高位の仏師により気迫が感じ取れる最高の百済金銅仏である。

寸法(mm)  : 高さ 11㎝ 幅 4.2㎝ 奥行 2.6㎝
制作年代  : 三国時代 (百済) 六世紀中頃 
備考  : 非常に良い状態 残鍍金98%以上 百済軍守里系仏
金額  : お問い合わせ下さい


















お問い合わせはこちらから

ご注文方法について

表示される色はパソコン(主にディスプレイ・モニター)の環境に左右されますので、
お使いの環境によっては実物と異なって表示される場合があります。

より鮮明な画像をご要望の際にはお問い合わせフォームよりご依頼ください。

一庵店舗内で実物をご覧いただけます、交通情報はこちらのページよりご確認ください。