三陽洞 金銅観音菩薩立像
三国時代 百済七世紀前半

soldout



整理番号:KS300910

一鋳で造られ頭部の一部と台座以外は無垢でどっしり重い。鍍金の状態が抜群に良いことから発掘ではなく伝世で長い年月を伝えられてきたことが伺える。どちらにしても現存数が限られる為、同形の三陽洞佛は本国で国宝指定されている。

寸法(mm)  : 高さ 22.5㎝ 幅 8.2㎝ 奥行 6.8㎝
制作年代  : 三国時代 (百済) 七世紀前半
備考  : 全体に良い状態といえる 頭上の冠の左欠損 台座正面ヒビ 鍍金は分厚くほとんど残っている非常に良い状態 
金額  : お問い合わせ下さい



























お問い合わせはこちらから

ご注文方法について

表示される色はパソコン(主にディスプレイ・モニター)の環境に左右されますので、
お使いの環境によっては実物と異なって表示される場合があります。

より鮮明な画像をご要望の際にはお問い合わせフォームよりご依頼ください。

一庵店舗内で実物をご覧いただけます、交通情報はこちらのページよりご確認ください。