高麗仏画 阿弥陀如来像 円唐草文 高麗時代末期 絹本軸装



整理番号:KK190605

高麗仏画の特徴である円唐草文が衣に金で描かれて衣地の朱彩との調和が見事である。肌の色彩も綺麗に陰影が出る様に裏から白胡粉が施されている。この時代の絹本は宮廷階層による発願で描かれているのに対し民衆階層では麻布を用いたことが分かっている。

寸法(mm)  : 画寸 高さ133㎝ 幅 64㎝  軸寸 高さ 2040㎝ 幅 80㎝  絹本 軸装
制作年代  : 高麗時代後半~李朝初
備考  : 絹本に金泥・彩色  経年により色褪せが若干あるものの非常に良い状態  
金額  : お問い合わせ下さい
























お問い合わせはこちらから

ご注文方法について

表示される色はパソコン(主にディスプレイ・モニター)の環境に左右されますので、
お使いの環境によっては実物と異なって表示される場合があります。

より鮮明な画像をご要望の際にはお問い合わせフォームよりご依頼ください。

一庵店舗内で実物をご覧いただけます、交通情報はこちらのページよりご確認ください。